保育所と待機児童の問題について
保育所と待機児童の問題について

 

保育所が作りにくい

それでは、保育所と待機児童の関係に関する問題として、より詳しい部分について紹介します。最初に紹介するのは、認可保育所の建設自体のハードルが高く、保育所を増やすことが難しい状況にある、という点についてです。特にこの認可保育所を増やしにくい、という問題が、条件の内容からして都市部に多く発生している、というのが都市部における待機児童問題を拡大させている大きな要因の1つとなっています。

まず、認可保育所を建設したいと思った場合には、「土地や施設、園庭の広さ」というものが一定以上必要となります。これらの広さが十分になければ、受け入れることができる児童の数が少なくなったり、そもそも認可を得られなかったりするため、保育所を増やすことが難しいのです。大都市、特に東京都内においては地価の関係上で大きな施設を建設するのが難しく、これらの広さを確保することが難しいために保育所の増加が遅れている、というような状況が考えられます。

そしてもう1つは、近隣住民の反対がある事が多いという点です。子どもの声などに反対する形での近隣住民の反対があると、地域における福祉の観点を考えても建設がしにくくなり、問題の拡大を進めることになります。


保育所と待機児童保育所が作りにくい保育士が足りない解決の方法はリンク集サイトマップ

Copyrightc2017 保育所と待機児童の問題について All Rights Reserved.