保育所と待機児童の問題について
保育所と待機児童の問題について

 

保育所と待機児童

ここ数年、ニュースなどでよく聞く様になった言葉として、待機児童というものがあります。この待機児童という言葉が意味しているのは、保育園や保育所などに入園することができず、待機状態になってしまっている児童が多い、ということです。昨今では母親も働きに出ている事が多い関係から、この待機児童問題はそのまま女性の働き方の問題にも直結するものとして認識されるようになっており、どのようにして解決するべきなのか、多くの課題が残されているものでもあります。

それでは、そもそもこの待機児童問題というのは、どのようなことが原因になって起こっているのでしょうか。ここで大きなポイントとなっているのは、「需要と供給のバランス」に大きな問題が発生してしまっているという点です。実はこの待機児童問題というのは、全国的に一律で発生している問題なのかというとそうではありません。主に東京やその近郊、または大都市圏において発生しているものであり、場所によっては全く待機児童の問題がないような場所もあります。つまり、待機児童問題というのは、子供の数や保育園・保育所に入りたいと考えている子どもの数に対して、保育所で受け持つことができる子どもの数が不足している場合において発生しているもの、ということになります。

それでは、何故大都市において中心的にこのような問題が発生してしまうことになるのでしょうか。保育所を取り巻く環境とその問題について紹介します。


◆◆ 保育所関連 ピックアップサイト ◆◆
保育所を取り巻く環境の一つに、保育士不足が挙げられます。求人を行っている保育施設は多数ありますので、保育士の需要は高いでしょう。こちらのサイトでは、保育士の求人に関して多くの情報が掲載されています ⇒ 保育士 求人


保育所と待機児童保育所が作りにくい保育士が足りない解決の方法はリンク集サイトマップ

Copyrightc2017 保育所と待機児童の問題について All Rights Reserved.